philosphy

投稿日:2010/8/18/17:39
プチマリアBLOG プチマリア福井店ブログ

わたしたちの大切にしている詩があります。

子供が産まれたら、犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊のうちは、よき守り手となるだろう。

子供が幼年に達すると、犬は子供のよき遊び相手になるだろう。

子供が成長して少年になると、子供のよき理解者となるだろう。

そして、子供が多感な年頃の青年になったとき、

犬はみずからの死をもって教えるのである。

別れの悲しさ、命の尊さを。


悲しいことですが、親子のコミュニケーションが難しくなっています。

そんな世の中で犬は親子のかすがいとなってくれるのです。

犬は見ています。その透き通った瞳で。

犬は聞いています。あなたのその言葉を。

犬は見守っています。あなたたちの愛の結晶を。

そのこがいるだけでどれだけ家庭が明るくなるだろう。

わたしたちはペットを通じて家族の絆を結び人と人の心を結んでいきます。

プチマリア福井店のブログ


この記事が気に入ったらイイネ・シェアお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加